隠れた需要あり!チャイルドマインダーの働き方や仕事内容とは?

   

チャイルドマインダーの実際の仕事内容や働き方を紹介します。保育園や託児所不足が問題となっている日本。働いている間だけでも子供を預けたいと、切に願う親御さんは多いはずです。保育士よりも認知度が低いですが、チャイルドマインダーは隠れた需要が多い資格です。

チャイルドマインダーの働き方は2種類!在宅型と訪問型とは?

在宅型チャイルドマインダーの1日

在宅型チャイルドマインダーは、自宅を保育施設として子供を迎え入れる働き方です。

A子さんの場合
朝7時に子供を自宅に受け入れ
10時のおやつを食べさせる
公園へ散歩に連れて行く
12時、お昼ご飯を食べさせる
13時、お昼寝の時間、この間にレポートなどの書類作成
室内での遊び、読み書きなどの教育、トイレの練習など
15時におやつを食べさせる
18時、保護者のお迎え対応。1日が終了

在宅型の場合、室内の簡単な改装が必要になります。壁紙張り替えなどの大掛かりな改装は要りませんが、常に清潔で危険なものがない環境にすることが必須です。食器や玩具、乳幼児であれば哺乳瓶などを揃える必要があります。

訪問型チャイルドマインダーの1日

訪問型チャイルドマインダーは、保護者の自宅へ出向いて保育を行う働き方です。

A子さんの場合
朝8時に出勤。保護者との1日の流れを確認
トイレの世話や室内遊び
10時のおやつ、歯磨きなど
外気浴、日光浴のため簡単なお散歩。
12時、お昼ご飯と歯磨き
13時、お昼寝、レポート作成
室内での遊び、読み書きなどの教育
15時、保護者との引き継ぎをして1日の勤務終了

訪問型の場合は、保護者の自宅での勤務になります。必要となる設備はありませんが、保護者の家の台所やトイレなど生活空間を借りることになるので、保護者との信頼が重要です。

チャイルドマインダーの本当の役割

チャイルドマインダーの資格は、単に子供の面倒をみることだけではありません。チャイルドマインダーのテキストの内容は、厚生労働省が参考にするほど。家庭における正しい保育環境を整えるのがチャイルドマインダーの仕事内容です。

子育てに悩む保護者はたくさんいます。むしろ子供のことで悩まない親はいないでしょう。子供に対する保育や教育だけではなく、保護者と子供の関係性をより豊かにすることが本当にやりがいのある仕事。保護者の子育てに対する悩みを聞き、適切なアドバイスをし、子供が健全に育つ環境を整えるのがチャイルドマインダーを目指しましょう。

 - チャイルドマインダーとは?